2009年11月21日

めだかの種類がいろいろ多すぎて

めだかの種類がいろいろ多すぎて、
名前がよくわからなくて困っています。

たまたま、立ち読みした、この本の24〜25ページに、
分類はでていたので参考になりました。

が、まだまだよくわからないこともあります。

参考までに、分類です。

・白めだか
・青めだか
・赤(楊貴妃)

・アルビノ
・スケルトン−透明鱗
・光り(ホタル)−背中が光る
・ダルマ(ちぢみ)−寸詰まり体型
・スモールアイ(点目)−目が小さい

・琥珀−黄褐色の体色で尾びれの上下が赤くなる
・黄金−金色に輝く体色
・ピュアホワイト−白めだかにうっすらとピンクがかった体色
・背中強光めだか(幹之)−背中に光り輝くラインが入る
・ピュアブラック−黒めだかよりも色が濃い漆黒

色と体の特徴からだけならなんとなくわかるのですが、

ブリーダのネーミングと、
ショップがつけたネーミングと、

いろいろな名前が入ってくると・・・、
なんだかわからなくなってきます。

めだかは、奥が深い。


たまたま立ち読みした雑誌は、こちらです。

楽しい熱帯魚 2009年 12月号



ラベル:種類
posted by トモ at 01:58| Comment(0) | いろいろなめだか | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする




×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。